『破顔の檻』エンド後。

誠一が小野寺と恋人(仮)として何度も愛し合う(笑)うちに行為に慣れて快感も覚えるようになっていき、このキモチイイ事をしている間だけは頭が空になって現実を見ずに済むと気が付いて、自ら行為をねだるようになる。
うっかり自分の現状を見つめてしまいうわーーーーってなると小野寺に抱いてくれってせがむ。
おあずけくらうとヤダヤダしてくれなきゃヤダって泣きながら駄々こねる。
というIF漫画。

※あのエンドの後は必ずこうなるというわけではなく、可能性のひとつです。






戻る